Sandvine のハイパースケール・データプレーンの紹介

Sandvine ActiveLogic は、サービスプロバイダーに対し次の時代のネットワークの課題に対処するためのシンプルでハイパースケールのオートメーションに対応したデータプレーンを提供します。ActiveLogicを使用すると、サービスプロバイダーは、インターネット現象に対応するために必要な柔軟性、パフォーマンス、および機械学習を利用したトラフィック分類を利用できます。

データプレーン製品である ActiveLogic は Sandvine のすべての Active Network Intelligence ソリューションの基盤となっています。

ハイパースケールパフォーマンス向けに設計されたActiveLogicを使用すると、サービスプロバイダーは、パフォーマンスを低下させたり、TCOを不必要に増加させたりすることなく、どの段階にあるかに関係なく、クラウドへの移行を成功させることができます。

ActiveLogic はインターネットのダーク化(暗号化)に対し、ANI Classification Engineにより機械学習の力を注入し、サービスプロバイダーがQoEのスコアリングと管理に必要となるアプリケーションの可視性を獲得することができるようにします。

ActiveLogicをデプロイすることにより、サービスプロバイダーは、ネットワークリソース管理の効率を大幅に向上させ、分析主導の自動化ユースケースのスイートを使用して、インターネットの次の波であるOTT 2.0 に有益に取り組むことができます。

ActiveLogic はアクセスに依存せず、サービスプロバイダーにパフォーマンス、拡張性そして機能性に関する一貫性と柔軟性を提供します。ユースケースは、任意のアクセスタイプに展開でき、組み合わせて、モバイル、固定、ケーブル、および衛星全体でのマルチアクセス展開をサポートできます。

ActiveLogic Use Cases

ActiveLogic 製品は、アプリケーション関連のトラフィックに対する優れた可視性の提供に関して市場調査アナリストのフロスト&サリバンから最近賞賛を受けました。業界における ActiveLogic の評価の詳細 こちら

Frost and Sullivan Award Banner

製品